サマーチャレンジ「楽しいday」

泉丘小学校の児童、4年・5年・6年生を対象に毎年開催しているデイキャンプ。

8人ずつに班分けをし、1つの班に2〜3名の大人がリーダーになり、火起こしや食事を作ったり、ゲームをしたり、プールを楽しんだり…。

最後には成績発表で1・2・3位には賞品が!

大人も子どもも一緒にコミュニケーションを楽しむ1日です。

★令和元年7月28日(日)午前10時より、第13回サマーチャレンジ「楽しいday」を実施しました。

(泉丘こどもひろばと共催)

小学校4年・5年・6年生(48人)を対象に、泉丘小学校内で実施。前日の台風の影響もなく、炎天下でもなく、過ごしやすい日になりました。

コミュニティルームで子どもも大人も班分け(6班)、自己紹介から始まり、説明の後、それぞれの班ごとにカートンドッグの材料準備やBBQコンロの準備、カンタン火起こし体験を。

カートンドッグはホットドッグをアルミホイルで包み、牛乳パックに入れて火をつけて焼けたらできあがり。じゃがバターやトウモロコシにも舌鼓。

その後、1.9kgの氷を感覚で1kgにする氷溶かしゲーム。

次はお楽しみのプール! 自由遊泳と班ごとのゲーム(大人運び・大玉送り・バケツリレー)を楽しみ、点数を競います。終わればルームでコーンにアイスクリームとチョコチップをトッピング!きれいに食べて大満足!!

チーム毎の絆と、大人とのコミュニケーションを体験した1日になりました。

泉丘小学校の岡田校長先生・西下教頭先生をはじめ、先生方とPTAのみなさん、ご協力に感謝いたします。

(泉丘公民分館長 吉田) 

 

今回も60名近い応募がありましたが、監視・安全面を考え、抽選で48名に絞らせていただきました。残念ながら落選した子どもたちにはまた来年、申し込んで欲しいと思います。

また、最近は恐ろしい事件も起こる中で安全面を考慮し、帰りは男性スタッフが地区ごとに数名で送るようにしました。

↓ 写真をクリックして拡大、矢印キーで順に見られます。